飾り線上

犬のドッグフード選びは家族として大

飾り線下
犬のドッグフード選びは家族として大切である、と強調されるとなんだか市販されているドッグフードが粗悪品ばかりといったイメージになりませんか?食品添加物などがふくまれていると、なおのこと不安になるかも知れません。



自分達が口にするものよりも見劣りするように感じるのは、犬をより大切に思っているからこそでしょう。
そうすると、購入できるドッグフードがない!という極論に行きついてしまいがちですが、ドッグフードにはどうしても保存料などがふくまれてしまいますので、替りに生肉を食べさせるしかありません。



それよりも、きちんと犬の状態を確認し、まずは健康を第一に考えて、わんちゃんの体質に合ったドッグフードを選ぶべきです。ざっくりとドッグフードを種別分けし、合う内容のもののみをさらに細かく見ていくようにして、本当に犬にとって良いドッグフードを見極めることが大切です。
ドッグフードとして肉と炭水化物、どちらを多くふくむべ聞か意見が分かれるところです。

しかし、炭水化物を取ったとしても、犬はあまり消化ができません。また、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「たんぱく質は必要不可欠だが、炭水化物は不必要である」と述べています。
その他の専門機関でも、犬にとって穀物(炭水化物)が悪いというよりは、取らなかったところで何もおこらないと言っています。特に取らなくても問題のない成分なので、炭水化物をありがとうございますピールしているドッグフードはありません。



そんな健康に影響が皆無の成分にもか変らず、ドッグフードには穀物が多くふくまれています。

なぜなら、穀物の価格が安く、原価を低く抑えれるからです。


良質のたんぱく質なら他の原材料がありますし、炭水化物は重要な成分ではないので、たんぱく質をしっかり取るためにも肉がたくさんふくまれているドッグフードを選びましょう。
多数ある中からドッグフードを選ぶときに、どのポイントを重視しますか?メーカーが購買意欲を促進する大切なポイントとして、キャッチコピーで購入者にわかりやすく説明するということが挙げられます。
ドッグフードに限らず、広告コピーは商品の一番目立つところに書いてあります。たとえば次のような広告コピーのドッグフードがあったとします。ドッグフードのフレーズが「柴犬専用」と強調されていれば、他のドッグフードより柴犬に良いものだと感じます。しかし、具体的には、そのドッグフードのどこが柴犬専用なのでしょうか。よくわからないけど、ドッグフードに「柴犬専門」とかかれていればそれでいいのではないだろうか。

「柴犬専門」かについては置いておいて、そのドッグフードをが良い物かどうか見極める基準は別の部分にあるかも知れません。



なにもキャッチコピーが全て悪いという理由ではないでしょう。
目につく文章のことのみにとらわれず、慎重にドッグフードを購入してほしいものです。
飾り線上

ドッグフードとして肉と炭水化物、どちらを多

飾り線下
ドッグフードとして肉と炭水化物、どちらを多く含むべ聞か意見が分かれるところです。

しかし、わんちゃんは穀物や炭水化を消化しようとすると負担がかかってしまいますまた、動物栄養学国立研究会議(NRC)は「犬・猫にとって重要なのはたんぱく質である。炭水化物は不必要である」と述べています。

それ以外の専門機関でも、炭水化物が犬の健康を害するというのではなく、取ったところで健康への影響はない、と考えられる傾向にあります。
わんちゃんにとって炭水化物は摂取しなくてもいい成分なので、ドッグフードの成分表示に記されていません。それなのに多くのドッグフードには穀物がたくさん入っています。

どうしてかというと、単純に原価を下げるためです。穀物から得られるタンパク質はあまり良質ではないですし、炭水化物を取る必要がないのなら、ドッグフードの成分割合は穀物より肉が多くあるのが望ましいです。



わんちゃんにとって一番大切な栄養素、それはほかでもなくお肉に含まれる動物性タンパク質なのです。


よって、ドッグフードの成分もお肉がメインでなければなりません。

市販の肉の値段は安くて100gで100円程度で、それより安いものはあまりありませんが、肉の種類や店によってはそのくらい安い場合もあります。

しかし、それは加工されていない肉の話です。一般的なドッグフード(ドライタイプ)のなかで、水分はわずか1割。
70%が水分である生肉1kgをドッグフードのようにドライタイプにすると、半分にも満たない400gだけが残ります。沿うやって考えると、比較的安価なドッグフードに含まれている肉はまともなものではないか、肉ではない何かでつくられているのかとさえ考えてしまいます。
「ワンちゃんは大切な家族だからドッグフードにもこだわってあげて!」と言われると、まるで市販のドッグフードには良い物がないという印象を持ちませんか?どんな内容の原料か神経質になればなるほど迷ってしまいます。



たしかに「犬の餌は人間のご飯より粗悪」だとワンちゃんを愛していればいるほどに感じてしまうかも知れません。

その結果、神経質になりすぎてドッグフードに疑念を持ってしまい沿うですが、原材料に保存料や添加物の不使用に拘るのなら、ご飯は生肉になってしまいます。



そこに注意を払うのではなく、わんちゃん自身に着目して下さい。ドッグフードといっても、年齢や種別、体調、大型犬か小型犬かによってベストなドッグフードは異なります。
ドッグフードの対象を見極めて、対象のものだけ成分表示などを吟味するようにし、どのドッグフードが犬のためになるのかぜひ真剣に考えてみて下さい。

モグワンドッグフードの特徴

ナチュロルの特徴




Copyright (C) 2014 信頼できるドッグフードの特徴2 All Rights Reserved.